一般社団法人マリノフォーラム21は「環境、水産業の活性化と持続的発展を目指した技術革新・技術開発」、「開発途上国の水産振興」にチャレンジします!!

HOME>事業のご紹介>受託事業>海外水産業開発協力ニーズ具体化支援事業

海外水産業開発協力ニーズ具体化支援事業業

本事業は、排他的経済水域内の規制や国際的な資源管理の強化など、我が国の漁業をめぐる厳しい事態に対処するために、海外漁場の確保と海外漁業協力事業とを一体的に推進し、我が国の漁業の健全な発展と開発途上国での水産業の発展に資することを目的に、開発途上国に水産分野の専門家を派遣し、現地で政府関係者や漁業者等からの聞取り調査等を行い、その結果に基づき、当該国の水産開発ニーズに合った協力案件形成につながる提言を取りまとめて当該国の政府関係者に提供します。併せて、現地調査において明らかとなった喫緊の対応が必要な課題について、当該国の政府関係者や漁業者等に対して技術的な指導を行います。平成29年度はアフリカ地域、中南米地域、アジア地域及び大洋州地域の開発途上国6か国程度に調査団の派遣を計画しております。

会員の要望を踏まえた調査団派遣

現地調査


調査報告書の作成、調査国への提言